預貯金口座の凍結

遺産相続時の財産としてもっともスタンダードなのが預貯金ですが、預貯金を相続するためにはまず銀行側にその旨を伝えなければなりません。
と言うのも、口座名義人が亡くなると銀行側はその口座を凍結し、使えないようにしてしまうからです。
凍結された口座は当然ながらキャッシュカードや通帳を使った引き出しや預かり入れもできませんし、公共料金等の引き落としもストップしてしまいます。

ここでひとつ疑問点としてあがるのがなぜ銀行は口座名義人が亡くなったことを知っているのか?という点です。
その理由は大きく分けて2つあって、ひとつは家族から銀行側へ申し出があった場合、もうひとつは新聞の訃報欄などで確認する方法です。
家族が亡くなった後、市町村役場に死亡届を出しますが、市町村役場から銀行へ連絡が行くことはありませんので、場合によっては亡くなってからしばらく口座が凍結されていないこともあるみたいです。

それではなぜわざわざ口座を凍結するのかと言うと、冒頭でもお伝えしたように預貯金は遺産相続の対象になるからです。
たとえば相続人の一人がお金を勝手に引き出してしまったりすると大きなトラブルに発展しますし、銀行側もそういったトラブルに巻き込まれたくないと思っていますから速やかに口座凍結するのが最善策なのです。

そして凍結を解除するためには遺産相続の手続きを開始することが必要になりますが、遺言が残されていない場合は相続人であることを証明しなければなりませんから戸籍謄本類、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の実印を押印した相続届が必要になります。
遺言が残されている場合は、その内容に沿って進められていきますが、公正証書遺言以外の場合、まずはその遺言書が有効なものかどうか確認しなければなりません。
こうした手続きを踏んで預貯金の口座凍結は解除され、相続が無事終わったら口座をすべて解約して手続きが完了します。
以上のことは重要な点なので必ず覚えておきましょう。