預貯金の遺産分割

預貯金は遺産分割がもっともしやすい財産で、基本的に銀行で手続きすれば引き出すことが可能なので、遺産分割協議後速やかに開始してください。
それでは預貯金の遺産分割の流れを説明したいと思いますが、まずは遺産分割協議をはじめるにあたって、被相続人が亡くなった後、口座を凍結する必要があります。
これは銀行へ名義人(被相続人)が亡くなったことを伝えるだけで構いません。
なぜこのようなことをするかと言うと、遺産分割協議の前に引き出せないようにするためです。

口座を凍結したら同時にすべての銀行から残高証明書を請求し、いくら残高が残っているか確認できるようにしてください。
その際に被相続人の除籍謄本と請求者の戸籍謄本、請求者の印鑑証明書が必要になりますので忘れないようにしましょう。
残高証明書をもとに遺産分割協議を進めていき、うまくまとまったら今度は凍結した口座を解除します。

口座凍結の際には遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員名義の払戻依頼書、被相続人の生まれてから亡くなるまでの除籍謄本、相続人の戸籍謄本、預金通帳とキャッシュカードを持参して手続きをしてください。
銀行が複数に及ぶ場合は原本還付をしておくと後の手続きが楽になります。
口座凍結解除が終わったら、名義変更後代表相続人の口座へ振り込みを行い、最後に代表相続人が各法定相続人の口座を振り込みをして預貯金の遺産分割は完了です。

このように預貯金の遺産分割はまず被相続人の口座を凍結し、その後遺産分割協議、そして再度口座凍結解除を行うという流れになります。
銀行によって必要書類が異なる場合もありますので、口座凍結時にはもちろん、凍結解除する際にもあらかじめ銀行側へ問い合わせておきましょう。
特に複数の銀行で手続きする場合、銀行によって方法が変わることもありますから、それぞれ行う手続き方法が分かる状態にしておきます。
預貯金の手続きは比較的簡単ですが、必要書類だけ間違えないように注意してください。