預貯金の名義変更手続き

遺産相続時にもっとも多い財産の種類と言えば預貯金だと思いますが、これは現金なので遺産分割もしやすく比較的スムーズな流れで手続きができるでしょう。
しかしポイントをしっかり押さえておかないと損をすることもありますので、ここでは効率的な預貯金の名義変更手続きについてお話したいと思います。

はじめに預貯金は当然ながら銀行へ行って名義変更手続きをしなければなりませんが、被相続人が亡くなった時点で口座が凍結されていることがほとんどです。
したがって名義変更によって口座の凍結を解除してから相続することになります。

名義変更の方法は被相続人の口座のある銀行へ必要書類を持参し、そこで指定された手続きをすれば完了です。
必要書類は預金名義変更依頼書、被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本、相続人すべての戸籍謄本、相続人すべての印鑑証明書、被相続人の預金通帳とキャッシュカード、遺産分割協議書(不要な場合もあります)です。
基本的にこれがあれば遺言がなくても、遺産分割協議が終了し、相続を開始しているのだと判断してもらえますから名義変更ができるでしょう。
これらの書類は法定相続人が全員揃って了承していることを確認するためのものですから、欠けていると受け付けてもらえないことがあります。
また、手続きが終わったら原本還付をしてもらっておくと、他の銀行での名義変更もスムーズにできます。

そして遺産分割協議がなかなかうまくまとまらない場合、自身の相続分のみ受け取るために銀行へ訪れる人がいますが、基本的にそのような手続きは受け付けてくれないので注意しましょう。
なぜなら遺産分割協議書や戸籍関連、印鑑証明書がないと銀行側もうまく協議が進んでいるか確認できませんので、場合によってはトラブルに巻き込まれる可能性があると判断されるからです。
このように銀行の名義変更手続きは遺産相続協議を終わらせてから進めることが重要になりますので覚えておきましょう。