預貯金の名義変更に必要な書類

預貯金の遺産分割をするときには、まず口座を凍結させて引き出せないようにしておき、その後遺産分割協議を行って法定相続人を決め、最後に口座凍結を解除して代表相続人の口座へ振り込んで各相続人に分配します。
このときに銀行側で手続きをすることになりますが、必要書類がありますので忘れないようにしましょう。
そこで今回は預貯金の名義変更、すなわち遺産分割時に必要な書類を紹介しますので参考にしてください。

はじめに被相続人が亡くなったらすぐに口座を凍結しますが、このときに残高を証明する書類を請求しなければなりません。
なぜなら凍結してしまうと通帳やキャッシュカードの使用ができなくなりますので、どれだけ口座にお金が入っているのか確認することができないからです。
残高証明書を発行してもらうためには被相続人の除籍謄本、請求者の戸籍謄本、請求者の印鑑証明書の3つが必要になりますので、これらを持参して銀行で手続きをしてください。

そして残高証明書をもとに遺産分割協議を行い、法定相続人が決まったら代表が銀行へ口座凍結解除の手続きに行きます。
このときに必要なのが遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員名義の払戻依頼書、被相続人の生まれてから亡くなるまでの除籍謄本、相続人の戸籍謄本、預金通帳・キャッシュカードです。
遺産分割協議書は不要な場合もありますが、これは遺産分割協議が終わったことを証明する書類ですので、基本的に求めてくることが多いでしょう。

なぜこのような書類を用意しなければならないかと言うと、万が一誰かが遺産分割協議を行う前にお金を引き出したりしてトラブルにならないようにするためです。
トラブルが起こってしまうと銀行側にも責任を問う声が出てくる可能性がありますから、そういった無用なトラブルには銀行も巻き込まれたくないのです。
したがって預貯金の名銀変更をするときには遺産分割協議を行い、必要書類を揃えてから行うのがいいでしょう。