株式の名義変更手続き

遺産相続するときの財産は種類がいくつかありますが、株式はその中でもメジャーなもののひとつです。
しかし株式は預貯金のような現金とは違って、明確に分けることがなかなか難しく、最初の時点では共有財産という形になっています。
したがって遺産分割協議を行った後に株式の相続人を決定し、名義変更手続きをするのが一般的です。
それでは株式の名銀変更をするときにはどのような流れで進んでいくのか、ここではそのあたりの話をしたいと思います。

まず最初に相続株式がどのくらいあるのか調査しなければなりませんから、利用していた証券会社や信託銀行に連絡して調査を依頼します。
上場株式であれば基本的に証券会社や信託銀行などが管理していますので、任せておけばどのくらいあるのかを調べてくれますが、非上場株式の場合は把握していませんので直接株券を発行している会社に問い合わせるしかありません。

相続株式がどのくらいあるか確定したら遺産分割協議を行い、誰がどの株式を相続するか決定します。
先ほども言いましたが、株式は現金のように均等に分けることが難しいので、ほかの財産で調整してうまく遺産分割できるように工夫しなければなりません。
相続人が決まったら証券会社や信託銀行など会社が委託している株主名簿を管理しているところへ連絡します。
その際に必要になるのが共同相続人の同意書か遺産分割協議書、株券(発行されていなければ必要ありません)、株式名義書換請求書、新たに株主になる人の株主票、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本、相続人すべての印鑑証明書、相続人すべての戸籍謄本です。
非上場株式の場合は直接問い合わせなければならないので、その際に必要な書類も聞いておきましょう。

また、株式には相続税がかかりますが、数が多くなると価値を見極めるのも難しくなりますから、多数の株式を相続することになったら遺産相続を専門としている法律専門家へ相談してください。