株式の名義変更に必要な書類

株式の名義変更を行う際にはいくつか必要な書類があり、遺産分割協議をした後にそれらを揃えて手続きをします。
まず株式の遺産分割をするうえで重要なのが「どこにどのくらいの株式があるか」という点で、それらの価値がどのくらいあるのかも調べなければなりません。
そういった情報を知るためには株券を発行している会社を管理する証券会社や信託銀行が窓口になりますから、そちらへ連絡し、遺産相続する旨を伝えて取専用の書類を送付してもらいます。
その後、株券を発行している会社へ引残高報告書を発行してもらい、それをもとにして遺産分割協議を開始します。

遺産分割協議によって誰にどの株式が相続されるか決まったら、窓口になっている証券会社や信託銀行で名義変更手続きをしてください。
そのときに必要になる書類は株券が発行されている場合は株券、相続のための株式名義書換請求書、新たに株主になる人の株主票、共同相続人の同意書か遺産分割協議書、すべての相続人の印鑑証明書、すべての相続人の戸籍謄本、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本です。
これらを持参して名義変更を行い、その後相続税の計算をして納税します。

非上場株式の場合は証券会社や信託銀行を通して手続きすることができませんから、直接株式を発行している会社へ連絡して手続きを行います。
必要書類は基本的に同じですから、まずは遺産相続することを連絡してください。
必要書類が欠けていたり、間違いがあったりすると無効になってしまいますし、特に相続人が全員揃っていない場合は遺産分割協議そのものが振り出しになりますので注意が必要です。

株式の名義変更は手続き自体それほど難しいわけではありませんが、そこに至るまでの過程が少し面倒です。
もし自分たちだけで進めるのが不安だと思ったら、遺産相続に詳しい専門家へ相談してみましょう。
最近ではインターネットで検索すると最寄りの法律事務所も出てくるので探してみてください。