名義変更は時間がかかる?

遺産相続時に残された財産は法定相続人によって相続されることになりますが、その中でも預貯金と株式を相続するケースはかなり多いです。
預貯金と株式を相続する場合、名義変更にはどのくらい時間がかかるのでしょうか?

まず預貯金の名義変更ですが、口座を凍結してから遺産分割協議を行い、必要書類を用意しなければなりません。
必要書類は銀行によって異なりますが、各金融機関が指定した請求書、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本、相続人すべての戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書、遺産分割協議書か遺言書、預金通帳・キャッシュカードを揃えるのが一般的です。
揃えた書類を持って銀行で名義変更手続きを行い、口座凍結を解除した後に代表の口座に振り込み、最後にすべての法定相続人の口座へ振り込みます。

一方、株式の場合は証券会社か信託銀行へ連絡して株式の証明書類を請求し、その後遺産分割協議を行って名義変更をします。
その際に必要な書類は株券が発行されている場合は株券、相続のための株式名義書換請求書、名義書換によって新たに株主になる人の株主票、相続人の同意書か遺産分割協議書、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本、相続人すべての戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書です。
これらを揃えて名義変更を行えば相続はできます。

それではどのくらい時間がかかるかという点ですが、これは必要書類をどのくらいの速さで収集できるかにもよります。
特に戸籍謄本は被相続人が生まれてから亡くなるまでのものを集めなければならないので時間もかかりますし、作業自体けっこう大変です。
また、遺産分割協議が難航すればそれだけ時間もかかってしまいますので、この2つにかかる時間がどのくらいかによって決まります。
銀行や証券会社での手続きはそれほど時間はかかりませんから、そこは心配しなくても大丈夫でしょう。
速やかに名義変更を終わらせるためにも、何を優先すべきか見極め計画的に進めてください。